手作りすること

キャットフードは、手作りしたものを与えることもできます。ペットフードを手作りする良さは、自分で安全な材料を使って作り与えることができること。手作りすることで、更にペットへの愛情が深まるといったメリットもあるかもしれません。できたてを与えられるのもめりとでしょう。しかしながら、手作りする場合調理法や与えて良い食材と与えてはいけない食材の把握、栄養バランスのとり方など、勉強しなければならないこともたくさんあります。注意して作らなければ、すぐに栄養に偏りが出てきてしまいます。それに、カロリーコントロールは猫の健康的な体型意地に大切なことですが、手作りする場合これが案外難しかったりするものです。

キャットフードを手作りする場合は、人間と同じ物を与えるつもりでいるのは正しくありません。これでは、塩分などの摂り過ぎの心配があります。それに、人間には良くても猫には不足してしまう栄養素もあります。ビタミンやミネラルはどうしても不足しがちな栄養素です。

その点、市販されている「総合栄養食」であれば、栄養の偏りを心配する必要がありません。きちんと計って適量を与えることができれば、肥満防止にもつながります。もちろん、作る手間暇も不要です。